カード会社に察知されないようにすること

クレジットカード現金化を利用する際に気をつけなければならないポイントのひとつがカード会社に察知されないようにすることです。現金化というサービスそのものがグレーな面もあり、カード会社としては決して歓迎するものではありません。ですから万一現金化がバレでしまった場合には利用規約に反したとの理由でカードが利用停止になってしまうこともあるのです。

 

この利用停止を避けるためには現金化を利用する際にできるだけ換金性の高い製品ばかりを選ばないことが大事と言われています。現金化の特徴は換金性が高い製品をショッピング枠を購入し、それを転売する形で現金にすることです。ですから換金性の高い製品、それも同じジャンルの製品ばかりを購入しているとカード会社は「現金化をしてるんじゃないか」と疑いをかけるわけです。冷静に考えればしょっちゅうブランド物のバッグや高価な家電を購入する環境は不自然でしょう。

 

そのため現金化の際に購入する製品を選ぶ際には毎回換金性が高いものばかりを選ばないこと、また同じ分野の製品を避けることがポイントです。ただし、悪質な業者によっては換金性がほとんどない製品を対象に購入させ、後日まったくお金を送金しないという手口を行うところもあります。このあたりが現金化を利用する上で難しいところで、何度もサービスを利用する際には注意したいところです。カード会社にバレにくく、しかも悪質な業者を避けるような業者選びとサービスの利用方法を考えていきましょう。