悪質な換金会社の詐欺の手口

ショッピング枠現金化では、現金調達のためにクレジットカードが必要となります。
クレジットカードによる詐欺行為は、ショッピング枠に限らずとも発生している社会的問題であるため、クレジットカードを利用する以上は、こうした詐欺行為や悪質な会社から身を守ることが重要なのです。

では、カード現金化における悪質な換金会社の詐欺の手口をご紹介します。
もっとも多い手口としましては、それらしい理由を付けて利用者のクレジットカード番号や暗証番号などの情報を得るというものです。

こうした情報は、ショッピング枠現金化の利用において必要ありませんので、決して情報を漏らすことのないように十分に注意しましょう。

また、違う手口としましては、普通の換金会社を装って利用者にサービス利用のための商品購入をさせておき、そのまま現金を振り込まないというものです。
この場合、この悪質な換金会社の正体が不明であるため、トラブルの追求が非常に難しくなってしまいます。

これらのような手口があることを知っておき、そのうえで換金会社に関する情報を集めておくことで、悪質な換金会社の詐欺行為から身を守ることができるでしょう。

利用規約ってなんですか?

ショッピング枠現金化サービスを提供している業者の広告をインターネットなどで見かけることがあります。クレジットカードは通常商品をカードで購入して、後払いで利用代金を支払うのが一般的な使い方であり、使用により現金を得ることはほとんどありません。クレジットカードを作成するときに、必要書類を提出し審査が通ってからクレジットカードが自宅に送付されてきます。その際にカードの利用規約が一緒に同封されているはずです。その利用規約に即した使い方をしないと、利用規約違反とみなされてしまってクレジットカードが今後利用できなくなったりもするのです。

ショッピング枠現金化ですが法律で許可を得ているのではありません。事実数年前にショッピング枠現金化を行っている業者が無登録で貸金業を営んでいたことを理由に摘発を受けたのです。クレジットカード現金化のサービスを提供している業者の中には公安委員会から許可を受けていると言うことをうたい文句にして安全な業者であることをアピールしていたりします。ところがそれはあくまでも古物商としての許可を得ているだけであり、ショッピング枠での現金化を許可されているということではないので、その点も注意が必要です。