ショッピング枠現金化はノーリスク?

ショッピング枠現金化人気の優良店から探すから業者の公式ホームページを見てみると、ショッピング枠現金化は違法ではなく、ノーリスクであると強調されていることがあります。

確かにショッピング枠現金化は違法ではありませんが合法とも言い切れず、ノースリスクでもありません。というのも、ショッピング枠現金化はクレジットカードの利用規約に違反するからです。利用規約に違反することを知りながら利用するのは問題ですし、発覚した場合はクレジットカード契約を解約される可能性もあります。そのようなリスクを一切説明せずに都合の良いことばかり言う業者は、あまり信用できません。

とにかく消費者を契約させてしまえばいいや、と考えている業者は、後で消費者からクレームが付いてもいい加減な対応をすることが予想されます。クレームを受けても、業者はクレジットカード会社に何か言える立場ではなく、逆にペナルティを受ける立場ですので、契約前にリスク説明する以外に、消費者に納得してもらう方法がありません。絶対にクレジットカード会社からお咎めを受けないという自信のある業者もいるかもしれませんが、業者のやり方に関わらず契約前からクレジットカード会社に睨まれている消費者もいるので、リスクを下げる工夫はできても「絶対」とは言い切れません。

それにも関わらず、利益至上主義に走る業者はしばしば、説明を曖昧にしたままその場の流れで契約させようとしてきます。当然、後からクレームが入ることも多く、会社自体も長続きしません。悪徳業者の場合、会社が長続きしないことを見越してあからさまに暴利を貪る業者もおり、他社よりも還元率が低くなります。

最悪の場合、契約した金額が一切振り込まれずに連絡が取れなくなることもあります。

クレジットカードの利用規約に違反するという以前に、このような悪徳業者を利用してしまうことこそ、ショッピング枠現金化の最大のリスクと言えます。ショッピング枠現金化を安全に行うためには、悪徳業者を利用しないことが大前提となります。

そのためには、都合の良いことばかり言ってリスクを一切説明しない業者は、利用しない方がよいでしょう。現金化業者はどこも、ショッピング枠現金化について追及されないように取引方法を工夫していますが、業者のノウハウによってリスクが左右される部分があります。

 

使用できるクレジットカードの種類が多い業者、営業年数の長い業者、リピーターの多い業者であれば、安全に利用できる可能性が高いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です