ショッピング枠現金化はキャッシングではありません

ショッピング枠現金化は、キャッシングの一種として紹介されることもありますが、正確にはキャッシングではありません。ショッピング枠現金化は、消費者金融のような貸金業者ではなく、直接お金を借りることもありません。そのため、業者に対して利息を支払う必要はありませんし、信用情報に登録されることもありません。では、ショッピング枠現金化とは一体何なのでしょうか。簡単に言うと、クレジットカードで購入した商品を換金する行為、またはサービスのことを指します。ショッピング枠とは、クレジットカードで買い物できる限度額のことであり、クレジットカードで購入した商品を換金するということは、すなわちショッピング枠を現金化する行為と言えます。クレジットカードを利用すると支払いを先延ばしにできるので、現在お金がない方も自由に買い物できますが、買い物した商品を換金してしまえば、商品自体がお金になります。当然、商品代金を支払う必要がありますが、クレジットカードですので一回払いでも支払日までに1~2ヶ月の余裕があります。分割払いやリボ払いを選択すれば、さらに支払期間が延びるわけです。先に現金を手に入れて、後で返済していくという方法はキャッシングと似ています。しかし、上述したようにショッピング枠現金化を行う業者は貸金業者ではなく、商品の買い取りを行う古物商です(買い取り以外の方法で現金化を行う業者は、古物商登録をしていないこともあります)。古物商が商品を買い取ることは合法であり、ショッピング枠現金化は違法ではありません。しかし、換金目的にクレジットカードを使用することはクレジットカード会社の利用規約に反するため、詐欺罪に該当する可能性はあります。実際はクレジットカード会社から詐欺罪で告発されることはありませんが(「換金目的」を実証することができないからです)、ショッピング枠現金化が発覚した場合、規約違反ということでサービス業者は加盟店契約を解約され、消費者もクレジットカード会員資格を失う可能性があります。たとえ換金目的であると実証できなくても、クレジットカード会社には会員を選ぶ権利があるのです。このようにショッピング枠現金化は、取引相手が現金化業者、支払い相手がクレジットカード会社という少々複雑な仕組みになっています。ショッピング枠現金化はキャッシングではないため、審査不要ですぐに現金化できるなど多くのメリットがありますが、その一方で契約上のリスクを抱えていることを忘れないようにしましょう。

コメントを残す