お金を作り出す方法

カード現金化というフレーズを耳にしたことのある方もいらっしゃるかも知れません。
お金が今すぐに必要になった…こんなときに大変便利なのがクレジットカード現金化なのです。

クレジットカード現金化と聞くと、カードそのものを売却してお金に替えるというイメージがあるかもしれません。
しかし、カード現金化はそのようなものではなく、クレジットカードの仕組みを利用して、お金を作り出すのです。

そもそもクレジットカードにはキャッシング枠とショッピング枠と呼ばれる2つの枠があります。
それぞれに利用制限が設定されており、キャッシング枠をすべて使ってしまったときは、それ以上の借り入れが出来なくなってしまいます。

それゆえ、お金が今すぐに必要なのに…といった場合に、キャッシング枠をすべて使いきっていれば、それ以上借り入れ出来ないのです。
ただ、ここでショッピング枠が残っていれば、商品を購入することで、それを現金化しお金を作り出す…これこそがカード現金化なのです。

悪質業者は逮捕されるトラブル多発!?

クレジットカード現金化は便利なサービスですが、悪質な業者が逮捕されるなどトラブルも相次いでいます。こうした業者に騙されないよう注意して業者を選ぶ必要があるわけですが、一方では本人が知らず知らずのうちに違法行為を行っていないかどうかにも気をつけなければなりません。

 

そもそもクレジットカード現金化が合法なのかどうかはまだ意見が分かれている面もありますが、本来クレジットカード会社の利用規約の隙間をつくような活用方法であることは事実です。本来ショッピング枠のために用意されたものを迂回する形で現金を獲得するわけですから、カード会社としては決して歓迎できるものではないのは明らかです。

 

そのため、クレジットカードの現金化サービスを利用したことがカード会社に知られた場合、最悪の場合カードの利用が停止されてしまうケースもあります。ショッピング枠を利用して現金化しようとした結果、カードが利用停止になることでショッピング枠はおろかキャッシング枠まで使えなくなってしまうこともあるのです。

 

これまで利用者まで逮捕されたという例はないので違法性に関しては神経質に考える必要はありませんが、カード会社にバレてしまうようなことがないよう慎重にサービスを利用するよう心がけましょう。とくに何度も繰り返し現金化を行っていると不審に思われる可能性もありますし、悪質な業者によって個人情報が盗まれた結果カード会社に察知される、というケースも考えられます。