クレジットカード現金化業者の換金率が申し込む金額によって異なる理由

クレジットカード現金化業者では、申し込みの金額によって換金率が違います。

 

一般的に、高額な申し込みに比べて、1~5万円などの少額の申し込みでは換金率が低くなるものです。

 

この理由を考えてみましょう。

結論を言うと、少額の申し込みに対し、高額での申し込みと同様の換金率で現金化すると、業者にとって利益が少なくなるからです。

 

たとえば換金率が一律90%であると仮定します。利用者が100万円分を申し込んだ場合は、業者の取り分はその10%の10万円になります。

 

一方、1万円分の申し込みでは、90%の換金率だと業者の利益は1000円にしかなりません。

 

1回の取引で10万円の利益が出るなら、業者も換金率を高く設定しやすいですが、1回の取引で1000円しか儲からないとなると、利益のわりにリスクが高く業者としては割に合わないのです。

クレジットカード現金化を利用する人は、多くの場合「あと数万円あれば今月乗り切れる」という人たちです。

 

そのため、少額での申し込みが圧倒的に多いのですが、それで利益を得るには業者は換金率を下げて取り分を多くするしかありません。

大口の顧客に対しては、換金率を多少高く設定しても、扱う額面が大きいため業者には十分な利益が出ます。

 

このような理由で、クレジットカード現金化業者の利用では、高額での申し込みより少額での申し込みだと換金率が低くなってしまうのです。

悪質な換金会社の詐欺の手口

ショッピング枠現金化では、現金調達のためにクレジットカードが必要となります。
クレジットカードによる詐欺行為は、ショッピング枠に限らずとも発生している社会的問題であるため、クレジットカードを利用する以上は、こうした詐欺行為や悪質な会社から身を守ることが重要なのです。

では、カード現金化における悪質な換金会社の詐欺の手口をご紹介します。
もっとも多い手口としましては、それらしい理由を付けて利用者のクレジットカード番号や暗証番号などの情報を得るというものです。

こうした情報は、ショッピング枠現金化の利用において必要ありませんので、決して情報を漏らすことのないように十分に注意しましょう。

また、違う手口としましては、普通の換金会社を装って利用者にサービス利用のための商品購入をさせておき、そのまま現金を振り込まないというものです。
この場合、この悪質な換金会社の正体が不明であるため、トラブルの追求が非常に難しくなってしまいます。

これらのような手口があることを知っておき、そのうえで換金会社に関する情報を集めておくことで、悪質な換金会社の詐欺行為から身を守ることができるでしょう。

利用規約ってなんですか?

ショッピング枠現金化サービスを提供している業者の広告をインターネットなどで見かけることがあります。クレジットカードは通常商品をカードで購入して、後払いで利用代金を支払うのが一般的な使い方であり、使用により現金を得ることはほとんどありません。クレジットカードを作成するときに、必要書類を提出し審査が通ってからクレジットカードが自宅に送付されてきます。その際にカードの利用規約が一緒に同封されているはずです。その利用規約に即した使い方をしないと、利用規約違反とみなされてしまってクレジットカードが今後利用できなくなったりもするのです。

ショッピング枠現金化ですが法律で許可を得ているのではありません。事実数年前にショッピング枠現金化を行っている業者が無登録で貸金業を営んでいたことを理由に摘発を受けたのです。クレジットカード現金化のサービスを提供している業者の中には公安委員会から許可を受けていると言うことをうたい文句にして安全な業者であることをアピールしていたりします。ところがそれはあくまでも古物商としての許可を得ているだけであり、ショッピング枠での現金化を許可されているということではないので、その点も注意が必要です。

お金を作り出す方法

カード現金化というフレーズを耳にしたことのある方もいらっしゃるかも知れません。
お金が今すぐに必要になった…こんなときに大変便利なのがクレジットカード現金化なのです。

クレジットカード現金化と聞くと、カードそのものを売却してお金に替えるというイメージがあるかもしれません。
しかし、カード現金化はそのようなものではなく、クレジットカードの仕組みを利用して、お金を作り出すのです。

そもそもクレジットカードにはキャッシング枠とショッピング枠と呼ばれる2つの枠があります。
それぞれに利用制限が設定されており、キャッシング枠をすべて使ってしまったときは、それ以上の借り入れが出来なくなってしまいます。

それゆえ、お金が今すぐに必要なのに…といった場合に、キャッシング枠をすべて使いきっていれば、それ以上借り入れ出来ないのです。
ただ、ここでショッピング枠が残っていれば、商品を購入することで、それを現金化しお金を作り出す…これこそがカード現金化なのです。

カード会社に察知されないようにすること

クレジットカード現金化を利用する際に気をつけなければならないポイントのひとつがカード会社に察知されないようにすることです。現金化というサービスそのものがグレーな面もあり、カード会社としては決して歓迎するものではありません。ですから万一現金化がバレでしまった場合には利用規約に反したとの理由でカードが利用停止になってしまうこともあるのです。

 

この利用停止を避けるためには現金化を利用する際にできるだけ換金性の高い製品ばかりを選ばないことが大事と言われています。現金化の特徴は換金性が高い製品をショッピング枠を購入し、それを転売する形で現金にすることです。ですから換金性の高い製品、それも同じジャンルの製品ばかりを購入しているとカード会社は「現金化をしてるんじゃないか」と疑いをかけるわけです。冷静に考えればしょっちゅうブランド物のバッグや高価な家電を購入する環境は不自然でしょう。

 

そのため現金化の際に購入する製品を選ぶ際には毎回換金性が高いものばかりを選ばないこと、また同じ分野の製品を避けることがポイントです。ただし、悪質な業者によっては換金性がほとんどない製品を対象に購入させ、後日まったくお金を送金しないという手口を行うところもあります。このあたりが現金化を利用する上で難しいところで、何度もサービスを利用する際には注意したいところです。カード会社にバレにくく、しかも悪質な業者を避けるような業者選びとサービスの利用方法を考えていきましょう。

悪質業者は逮捕されるトラブル多発!?

クレジットカード現金化は便利なサービスですが、悪質な業者が逮捕されるなどトラブルも相次いでいます。こうした業者に騙されないよう注意して業者を選ぶ必要があるわけですが、一方では本人が知らず知らずのうちに違法行為を行っていないかどうかにも気をつけなければなりません。

 

そもそもクレジットカード現金化が合法なのかどうかはまだ意見が分かれている面もありますが、本来クレジットカード会社の利用規約の隙間をつくような活用方法であることは事実です。本来ショッピング枠のために用意されたものを迂回する形で現金を獲得するわけですから、カード会社としては決して歓迎できるものではないのは明らかです。

 

そのため、クレジットカードの現金化サービスを利用したことがカード会社に知られた場合、最悪の場合カードの利用が停止されてしまうケースもあります。ショッピング枠を利用して現金化しようとした結果、カードが利用停止になることでショッピング枠はおろかキャッシング枠まで使えなくなってしまうこともあるのです。

 

これまで利用者まで逮捕されたという例はないので違法性に関しては神経質に考える必要はありませんが、カード会社にバレてしまうようなことがないよう慎重にサービスを利用するよう心がけましょう。とくに何度も繰り返し現金化を行っていると不審に思われる可能性もありますし、悪質な業者によって個人情報が盗まれた結果カード会社に察知される、というケースも考えられます。

情報収集が大事

クレジットカードのキャッシング枠が利用制限に達してしまったことで、これ以上の借り入れが出来なくなってしまったときに便利なのがカード現金化です。
カード現金化専門のショップに行き、指定の商品を購入し、キャッシュバックをもらうという方法で、いわゆるクレジットカードのショッピング枠を借り入れに利用する方法です。

しかし、カード現金化は今すぐにお金が必要…という方が利用することが多いため、そこに付け込んでくる悪徳業者もいるのが事実です。
実際にカード現金化ショップに足を運んでみたら、怖そうな人が脅すような対応をした上に、希望する金額が振込まれなかったというケースもあります。

キャッシュバックは現金還元率にしたがって行われますが、優良なショップは指定の期日までに還元率に沿って、指定の金額を振り込んでくれます。
カード現金化ショップはお金がからむがために、悪徳業者も多いために、しっかりとした見極めや情報収集も極めて重要なのです。

カード現金化のパターンとは?

クレジットカードのキャッシング枠をすべて使いきってしまったけど、どうしても今すぐにお金が必要なんです…。

そんなときにクレジットカードにはもう一つの枠としてショッピング枠と呼ばれるものがあります。
もしショッピング枠に余力があれば、カード現金化サービスを利用すれば、簡単に現金に変えることが出来ます。

カード現金化は専門のサービス会社が提供しているもので、大きく分ければ2つのタイプがあります。

まず1つはサービス会社が指定した商品を購入し、それをキャッシュバックするというタイプのもの。
すぐにキャッシュバックされるために便利なサービスではありますが、カード現金化の際に購入しなければならない商品が必ずしも必要なものでない場合もあります。

もう一つは、金券を購入して、それを現金化するパターンです。

いずれにせよ、購入したお金がそのままキャッシュバックされるワケではなく、前者の場合はサービス会社指定の現金還元率に基づいて、後者の場合は金券の買い取り額によって変動があることを念頭に入れておきましょう。

女性にも人気のカード現金化

冠婚葬祭や飲み会などなど、急にお金が必要になって、クレジットカードでキャッシングをしたことのある方も多いでしょう。
しかし、あまり使い込みすぎるとクレジットカードのキャッシング枠の利用制限にひっかかってしまい、借り入れが出来なくなってしまいます。

そこで、今注目されているのがクレジットカードのショッピング枠を利用して現金化するカード現金化なのです。
実はこのカード現金化は意外に感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、女性にも大変な人気なのです。

カード現金化が女性に人気の理由は、通常の銀行や消費者金融のキャッシングのように、借り入れの際に実際に店舗に足を運ぶという手間がないことです。
借り入れをしに行く様子を誰にも見られることなく、クレジットカードで買い物をするのと同じように現金化できるのが女性にウケている大きなポイントです。
また、審査もなく手軽である点も、忙しい女性には人気のヒミツであると言えるでしょう。

ショッピング枠現金化はノーリスク?

ショッピング枠現金化人気の優良店から探すから業者の公式ホームページを見てみると、ショッピング枠現金化は違法ではなく、ノーリスクであると強調されていることがあります。

確かにショッピング枠現金化は違法ではありませんが合法とも言い切れず、ノースリスクでもありません。というのも、ショッピング枠現金化はクレジットカードの利用規約に違反するからです。利用規約に違反することを知りながら利用するのは問題ですし、発覚した場合はクレジットカード契約を解約される可能性もあります。そのようなリスクを一切説明せずに都合の良いことばかり言う業者は、あまり信用できません。

とにかく消費者を契約させてしまえばいいや、と考えている業者は、後で消費者からクレームが付いてもいい加減な対応をすることが予想されます。クレームを受けても、業者はクレジットカード会社に何か言える立場ではなく、逆にペナルティを受ける立場ですので、契約前にリスク説明する以外に、消費者に納得してもらう方法がありません。絶対にクレジットカード会社からお咎めを受けないという自信のある業者もいるかもしれませんが、業者のやり方に関わらず契約前からクレジットカード会社に睨まれている消費者もいるので、リスクを下げる工夫はできても「絶対」とは言い切れません。

それにも関わらず、利益至上主義に走る業者はしばしば、説明を曖昧にしたままその場の流れで契約させようとしてきます。当然、後からクレームが入ることも多く、会社自体も長続きしません。悪徳業者の場合、会社が長続きしないことを見越してあからさまに暴利を貪る業者もおり、他社よりも還元率が低くなります。

最悪の場合、契約した金額が一切振り込まれずに連絡が取れなくなることもあります。

クレジットカードの利用規約に違反するという以前に、このような悪徳業者を利用してしまうことこそ、ショッピング枠現金化の最大のリスクと言えます。ショッピング枠現金化を安全に行うためには、悪徳業者を利用しないことが大前提となります。

そのためには、都合の良いことばかり言ってリスクを一切説明しない業者は、利用しない方がよいでしょう。現金化業者はどこも、ショッピング枠現金化について追及されないように取引方法を工夫していますが、業者のノウハウによってリスクが左右される部分があります。

 

使用できるクレジットカードの種類が多い業者、営業年数の長い業者、リピーターの多い業者であれば、安全に利用できる可能性が高いです。